女性特有の疾患について|花粉症対策に効果的と言われる免疫療法を有効活用

花粉症対策に効果的と言われる免疫療法を有効活用

ハート

女性特有の疾患について

聴診器

女性は妊娠や出産を経験する可能性があるので、それに関連した女性特有の器官がいくつか存在しています。子宮はそういった組織の最たるものの一つで、妊娠をした時にこの場所で胎児が成長していく事になります。ただ、子宮も器官の一つである事から何等かの疾患が発生する事があり、そのうちの有名な疾患に子宮内膜症があります。子宮内膜症とは本来は子宮の内側の表面を覆っている膜が、子宮以外の部分にも発生してしまうという疾患の事を言います。子宮と似た組織であるために生理になると、その部分でも出血が起こり血がどんどん溜まっていってしまいます。その結果ひどくなると生理期間中に尿に血が混じったり、血を含んだ痰が出る等の症状が出てくるになります。

子宮内膜症は腹部や肺等に起こる事があるのですが、それ以外にも卵管やその周辺で発生する場合もあります。卵管は卵子を子宮に運んだりする部分なので、ここで子宮内膜症が発生すると不妊の原因となる可能性も出てきます。また子宮内膜症は少しずつ大きくなっていく場合もあるので、気付いたらすぐに治療をする事が重要になってきます。子宮内膜症の一般的な治療方法としては薬物や手術がありますが、それ以外にも漢方で治療をするという方法もあります。漢方による治療は薬物や手術による体への負担を出来るだけ避けたいと考える女性等から、高い注目を集めている治療方法です。漢方を使った治療は体質を改善する事を目標としているので、即効性は低いですが副作用の心配等が少ないのがメリットです。漢方による治療を希望している場合には、担当の医師に一度相談をしてみるのも一つの方法だと言う事が出来ます。