耳の病気|花粉症対策に効果的と言われる免疫療法を有効活用

花粉症対策に効果的と言われる免疫療法を有効活用

ハート

耳の病気

医者

メニエール病とは内耳疾患の一種です。回転性のめまいや難聴、耳鳴りや耳閉感といった4つの症状が同時に起こる事を繰り返します。メニエール病やメヌエル病等と呼ばれる場合もあります。メニエール病は厚生労働省の特定疾患に指定されている難病です。ただし、医療費の助成が受けられる特定疾患治療研究事業対象にはなっていないです。メニエール病の症状は上記のもの以外にも、付随症状として吐き気や嘔吐、顔面蒼白や動悸等が起こる場合があります。ただ、これらの症状は発作が起きた時に現われるものなので、発作が落ち着いている状態では見られないです。研究の結果として現在分かっている事は、男性よりも女性に発症する事が多く、特に30代後半から40代前半に多く見られるという事です。また、人口10万人中でこの病気を発症するのは15人前後で、患者数は比較的少ないです。

メニエール病は、病院で診察や治療が行なわれます。大きな専門病院等になると、病院の中にめまい科を設置している所もあります。もしも、近くの病院にめまい科がある場合には、そこを受診するのが理想的です。具体的な治療方法としては、薬物療法が行なわれるのが一般的です。内耳の血液循環を改善させる薬や、精神安定剤等が処方される事が多いです。ただ、めまいが強い患者の場合には、経口服用による薬の服用は難しくなるので、そういった場合には点滴による投与が行なわれます。メニエール病は早期治療が大切な病気です。早い段階で適切な治療を行なう事で、期待する治療効果を得られる可能性が高くなります。しかし、治療が遅れると治りにくくなってしまうという特徴があります。何か違和感を感じた際には、出来るだけ早く病院を受診する事が大切です。